日本キリスト教団 蕃山町教会ホームページ

エントリー

カテゴリー「牧師室」の検索結果は以下のとおりです。

牧師紹介ページについて

ようやく、牧師紹介のページができました。

特に隠していたわけではありませんが、

元来控え目な性格なので。

 

逆光での見えにくい写真を選んだのには理由があります。

私の隣に座っている飼い猫が、

珍しくカメラ目線をしているからです。

 

フク

という名のエキゾチックショートヘアー種なのですが、

実は訳あって引き取った猫です。

 

最初は全然なついていなかったのですが、

ネットで検索すると、

エキゾチックショートヘアー種は甘えん坊、とあったので、

それでは、と

毎日、一秒から抱く、ということを繰り返しましたら、

本当になつきました。

今では、抱っこして、と手で誘ってくるほどです。

 

なのですが、写真を撮るとなると、いつも逃げ出していました。

それが、奇跡的にカメラ目線。

 

これ、載せるしかないでしょ、と思い、

教会の牧師紹介の写真としては異例な写真ですが、

(その意味では伝道師も異例な写真ですが)

掲載させていただいた次第です。

 

プロフィールは、HP委員の皆さんが考えてくれたものです。

「先生、本当にこれでいいんですか?」とも言われたのですが、

まあ、みんなが考えてくれたものですから、OK。

 

写真やプロフィールは、今後、

気が向いたら更新するかもしれません。

終わり方の考察

123.jpg

 

昨年、飯盛野教会の就任式でハイビスカスをお土産にいただいた。

妻が世話をしてくれたおかげで、年を越えてもいくつもの花をつけた。

 

初めて知ったのだが、ハイビスカスの花は、

巻かれたつぼみの状態から開いて咲いた後、

もう一度つぼみの状態に巻き戻ってから花が落ちる。

 

この時期、桜のことが話題にあがる。

散って行くはかなさがそこにはあるし、その美しさもある。

 

しかし、きちんとつぼみの状態に巻き戻って

花の役を終えるその咲き方を見て、

こういうことを考えた神さまってすごいよね、と

妻と二人で感動している。

 

そして、きちんと身支度を整えて終わる終わり方って良いよね、と

妻としばしば会話している。

(たぶん妻は、ハイビスカス的な終わり方が好み)

 

もちろん、人生の終わり方は最後までわからないことではあるが、

「終わり方」について

ハイビスカスの咲き方をとおして改めて考えさせられた。

日記:アンプ買いました

過日、長年愛用していたアンプが壊れてしまったので、

新しいものを購入することにした。

アンプ売り場をうろうろしながら、

高校生のころ、友人と鈍行列車で富士から秋葉原までアンプを買いに出かけたことを思い出していた。

あのころに憧れていたような機種にはもちろん手は届かないが、

とりあえず納得のできるもの(ついでに我が家の財務大臣の納得も得られそうな金額のもの)を購入し、接続。

家庭で聞く分には十分満足な代物。

そして購入時にオプティカル端子があることが分かっていたので、

早速ケーブルをネットショップで購入。

到着後、あることを試してみる。

それはアンプとPS4を接続すること。

接続を終え、はやる心を押さえつつ、PS4を起動し、ドラクエを再開。

おお!テレビのスピーカーで聞いていた時とは異なる臨場感。

ああ、これだけでも買って良かった、と、

本来のCDを聞くためという目的を忘れて感動。

これでしばらくは、音楽+ゲームの臨場感を楽しめる。

ただ、あまりゲームに没頭しすぎて、勉強をおろそかにしないようにしなければ、と学生のように自戒。

 

でも、このアンプがあったために、オリーブ倶楽部の映画鑑賞会が

滞りなく行えたのは、幸いなことだった。

ちなみに、次回の映画鑑賞会でも、PS4とこのアンプが活躍しますよ!(宣伝)

レンゲ畑を見ながら

しばらく前のことになるが、

新幹線の車窓からレンゲの花が咲いている風景が目に映った。

 

私が小学時代を過ごした学校の周辺は田が多く、

春になればレンゲの花が咲き乱れる田を駆けずり回ったものである。

ある時、最終的に水田になってしまうのに

どうしてレンゲの花を咲かせているのか不思議に思い、

所有者に聞いてみたことがある。

いわく

レンゲの花が咲いている田のほうが、耕して水田にしたとき、

栄養のある良い田になる、とのこと。

 

一見無意味なことのように思えることも

別の角度から見れば必要性を備えていることがある。

 

なるほど人生もそのようなものだなあと、

つくづくと感じる。

 

そうであるならば、私に必要なものをすべて御存知のお方に

すべてを委ねて生きることが幸いだと言えるだろう。

 

レンゲ畑を見ながら、そんなことを思った。

重い腰をあげて

教会のホームページが出来て、

「牧師室」のページをいただいていたのにもかかわらず、

今まで放置してしまっておりましたけれども、

今年度から、動かし始めます。

 

基本的に、何を始めるにも腰の重い性格なので

(だからといって、慎重な性格というわけでもありません)

開始までに時間がかかってしまいましたが、

どうぞよろしくお願いいたします。

ページ移動

  • <<前のページ
  • 次のページ>>
  • ページ
  • 1


ユーティリティ

新着画像

検索

エントリー検索フォーム
キーワード